珍しい酵素製品があるのでご紹介します。
野草原液“酵素八十八選”。
民間薬として使用されている野草60種類をギュッと濃縮し、そこに果実・野菜、海藻、キノコを加え、酵素活性を促進するために、発酵に使われる酵母(乳酸菌)のほか麹菌を使用するという、職人力の詰まった品です。
防腐剤は不使用です。
香料や着色料も使わないため、仕込みごとに色の違いはありますが、天然の材料のみというこだわりを貫いて作られています。
有名モデルの使用で話題になったことがあるため、ダイエットや美容専用と思われがちですが、日本成人病予防協会推奨の、高い健康維持効果のある食品(飲料)であり、手軽に摂取できるため、忙しい方にこそ、ぜひお試しいただきたいです。
人工甘味料も使用していないので、うっすら甘く飲みやすいのが特長です。
毎日摂取することで体の中から新しくなっていくのが実感でき、消化や排出効果が高まるので、さわやかに、気持ちよく過ごせるようになるでしょう。
女性なら誰でも一度は聞いたことがある酵素ダイエットですが、月経を迎えたら、やっている最中でも中止したほうがいいです。
生理の時には体質が変化しますから、急に体調不良を起こしたりします。
ダイエットのために食事を抜くことで精神的な負荷がかかり、日常生活を困難にするような生理痛が起こるかもしれませんから、あまりこの時期に行うべきではありません。
月経時もダイエットを続けたいという強い意志を持っているなら、体調や心のケアをしっかりとして、生理痛が悪化したり、貧血が起きたら、やめてください。
酵素を補うための商品の中には、味をもう少し工夫してほしいと思うものもあります。
酵素を利用したダイエットを長く続けるためには、飲みやすい味の方が、いいです。
ところが、どちらか一方をというと、ほとんどの場合、おいしくないほうが効果を感じます。
まずいのは味をととのえる工夫を作業しないということなので、そのままの酵素の味がしているのだといえるのです。
ダイエットに関心のある女性の間で話題の酵素ダイエットにかける期間は、ごく短期間の二日から三日を使ってピンポイントで痩せる方式と一日の食事で一食だけ入れ替えて自分のペースで根気よくしっかりとダイエットする手法があります。
いつまでにダイエットしておきたい、という目的や期限がある方なら食事を抜くプチ断食もおすすめの方法です。
できるだけ自分のペースで痩せたいのであれば、じっくりと自分のペースでダイエットする方がダイエットに成功して太りにくくなるはずです。
いろんなダイエット法に共通していることですが、人気の酵素ダイエットでもおやつをどう食べるかを考える必要があります。
何か間食を食べたいと思ったら、いっぱいでなく少しだけにしておけば挫折せずにすみます。
ヨーグルトやバナナ、ナッツをはじめとする、ローカロリーで添加物を使っていない食べ物を選ぶのがいい間食です。
酵素ダイエットの代表的な方法は、酵素ドリンクを三日間ほど食事代わりにして、よくいわれるプチ断食をするのが、効果が大きいといわれています。
他の食事は食べないようにすると、まずはカロリー減となります。
胃腸の動きが活発になり、お通じが良くなったり、代謝も活発になるといわれます。
断食そのものよりも、回復食が大切で、これが十分でないとせっかくの断食が無駄になってしまいます。
短期間にできるダイエットをしたいと思い、集中的に酵素ダイエットをして、理想の体型になるという、驚くほどの結果に大喜びでしたが、その後、仰天するほどの速さで、体重がもとに戻ってしまって、さらに増えてしまった人もいます。
これまでにたくさんあったダイエット方法と同じように、酵素ダイエットも、体重が戻ってしまうリバウンドという最悪の状態にならないように、実行していく必要があるというわけです。
ダイエットする前の生活習慣を改めなければ、リバウンドしないほうがおかしいかもしれません。
簡単に始められて、確実に体重を落とすことができるダイエット法として評判の酵素ダイエットですが、進め方がいくつかあり、その中でも体重がスルスル落ちる、と好評なのが、夕食の置き換えダイエットです。
夕食のかわりに酵素ドリンクを摂取し、毎日続けます。
これより、更にもっと体重を落としたい人には、夕食だけでなく、朝食も置き換えてしまって、三食のうち、昼食だけを普通の食事にする方法があります。
これらのダイエット中に、辛い空腹感をなんとかしたくなった時は、少量の酵素ドリンクを飲むようにするのが良いでしょう。
酵素ダイエットの進め方は人それぞれなのですが、続けやすい方法を選ぶとなると、朝食置き換えダイエットが良いでしょう。
毎朝の一食のかわりに酵素ジュースを飲む方法です。
朝起きたばかりの、小さくなった空の胃に酵素ジュースを流し込むと普段よりも酵素の吸収がすみやかに効率良く行われ、一気に胃が膨らむおかげで満腹感も得られます。
そのため朝食を食べなくても辛くは感じないでしょう。
空腹感をなるべく感じないようにしたいなら、酵素ジュースに加え、豆乳も飲むようにしてみると腹持ちの良さが際立ちます。
このやり方は「簡単で続けやすい」と考える人が多く、時間をかけられる分、リバウンドの恐れもあまり考えずに済みます。
酵素っぽくない酵素を探しているのでしたら、完熟いちごを原料にした酵素ドリンク、いちごの約束はいかがでしょうか。
生で食べても果汁が多く、甘味が強いヒノシズクという苺を、エコ栽培・無農薬で育てるのは大変な手間ですが、そんな果実を100%使用しているだけあって、味はピュアシロップといった方が良い感じ。
本当にこれが酵素なの?と思ってしまうほどです。
これならほかの酵素のように、「栄養のために飲んでいます」という気がせず、楽しみながら酵素、ビタミンC(苺には豊富でしたね)、葉酸を摂れるので、疲れて肌の調子が悪かったり、痩せ効果が出にくくなったなあと思っている人には、おすすめです。
ヨーグルトや炭酸割りも良いですが、ミルクティに入れるのもほわっとしますよ。
商品のラインナップも豊富で、ミニボトルやジュレなら職場や旅行先でも気軽に利用することができますが、パッケージがかわいいのでギフト用にするのもアリだと思います。