私は仕事柄でどうしても就寝時間が夜の12時を回っていました。当然、起きるのは6時半になり、朝食から仕事の準備を7時までにして7時に家を出ていました。帰宅時間は夜8時から9時半の間ぐらいです。これでは、仕事の疲れが全く取れません。そこで、嫌でも就寝時間を早めることにしました。12時を10時にして、起きるのは朝4時半です。実質2時間ずらしただけで結構変わりました。まず出勤時です。以前なら若干眠たげでスタートしてたのですが、今ではちょうど目が覚めていて気合を入れて仕事ができます。小さなミスも減るのでより仕事が捗ります。その分自分の持ち場が早く終わるので帰宅時間も早くなりました。早寝早起を習慣付け帰宅時間は6時半頃になり、10時までかなり余裕もできました。起床後も若干余裕なのでストレスなく1日を始められます。私は早寝早起は一種の健康への第一歩だと確信しています。